​インプラント

​みなさんはインプラントについてどんなイメージをお持ちですか?

「痛い」「怖い」「値段が高い」

これはよく患者様からうかがう言葉です。

​これはニュースや週刊誌などメディアに載ったごく一部の情報で大きく取り上げられ、悪いイメージがついてしまったのでしょう。

でも、インプラント自体も医療の進歩でより良いものが出ていますし、経験と実績を重ねている歯科医院の元で、信頼と安心できる先生やスタッフからしっかりとした情報説明がされているならとっても良い治療です。

​インプラントとは?

​インプラント(implant)の元々の意味は「植え付ける・移植する」といった意味です。

イラストの様に歯が何らかの理由で失ってしまうと、隣の歯・噛み合っていた歯が動いて倒れこんだり、噛みづらくなったり、ものが挟まりやすくなったり…顎が痛くなる方もいらっしゃいます。

​なので、失った歯の代わりになるものを補うのです。

​補う方法はインプラントだけではありません。「ブリッジ」「入れ歯」なども治療方法の一つです。失った歯の場所や骨の状態、生活スタイルによって最善のものを一緒に選んでいきますので、ご相談してください。

​どんな構造?

イラストは横から見た所です。パーツは3つに分かれています。これは2回法に用いられますが、当クリニックでは「インプラント」と「アバットメント」が一体化し、パーツが2つで行う1回法を主に行います。

​治療の流れと期間

まずはこの状態で骨の状態・

周囲の歯周組織の状態を検査してインプラントができるお口の中に​準備していきます。

当日の手術時間は1本30分ほど。

消毒の時間も含めても45分ほどで終了します。

手術から1週間ほどで再度来院いただき、消毒・安定度合いの確認・周囲の歯磨きのやり方などを行います。

そこからインプラントと骨がしっかりと安定して噛む力に耐えられるようになるまで約2ヶ月はこのままです。

約2ヶ月でインプラントが骨にしっかり付いていることを確認し、上部構造の型をお取りします。

​型取りから1週間後に上部構造が出来上がります。

​注意とお願い
  1. インプラントは外科治療になります。問診票でも伺ってはいますが、再度現在服用中のお薬の確認をさせて下さい。

  2. 前日は緊張なさるかもしれませんが、よく睡眠をとっていらしてください。

  3. 手術中はお手洗いに行けませんので、あらかじめお済ませください。

  4. 当クリニックでは手術の準備を行い当日を迎えます。当日のキャンセルについては基本的に受け付けておりません。

  5. お出しするお薬は用法・用量を守り飲んでください。

  6. 手術当日は激しい運動はお控えください。

  7. 安定するまでの約1週間お食事はなるべく反対側で噛んでいただく様お願いします。

その他、ご心配なことがあれば診療時間中にお電話をいただくか、メールであれば診療時間以外でも対応可能です。

最新情報

2019/10/30(Wed.)

みなさま、こんにちは☀️

やっと秋晴れといった感じになりましたね。

今年は暖冬になりそうという予想が出ていますが、確かにもう直ぐ11月だというのに20度越えるというのは不思議ですよね。

さて、11月から

「口腔ガン撲滅運動(レッド&ホワイトリボン)」が始まります。

堀ちえみさんの口腔ガンのニュースで少しずつ口腔ガンについて意識され始めましたね。

当クリニックでは定期的なメインテナンスの患者さんは必ず歯と歯ぐき以外にも粘膜全体を確認し、疑いがある場合には大学病院への紹介状をお出ししています。

ご自身でも口の中を見る癖をつけてみるといいかもしれません。小さな変化に気づいたら受診しましょう☺️

​では、また次回まで。

診療時間

              月   火   水   木   金   土   日                     
午前 10:00~12:30  ○ ○ ○ × × ○ ×
午後 14:00~19:00  ○ ○ ○ × × △ ×

 

・△土曜は17:00まで   

・現在金曜日はスタッフ全員で本院の治療にあたって

 おります。​金曜日ご希望の方はご相談ください。

・当クリニックは予約制です。

​←本院

 医療法人 玄清会 第一歯科医院

 のホームページはこちらをクリック

© 2023 by PURE.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。