​保険適応と自由診療の違い

みなさんご存知の通り歯は「衣」「食」「住」の「」を担っています。

​日本の医療保険制度では多くの診療に健康保険が適応されており、治療費の一部を国が負担してくれています。

しかし、歯科において保険適応となるものは「ものを食べるために歯が機能する」ことが前提のため、診療の内容や使用する材料に制限と限界があります。

現在は私たちの生活の質(QOL)の向上が進んでいる事と共に医療の発達も目覚ましいものがあり、美しさ・耐久性・安全性に優れた治療を提供する事も可能になってきました。

​ただし、多くは健康保険が適応されず自由診療での治療となります。

個人が感じる生活の質(QOL)はみなさんそれぞれです。

医院ではみなさんにあった診療を提供するために保険適応と自由診療の両方の提案をさせていただきます。(場合によっては選択肢が狭まる事もあります。)

ですから、ただ

自由診療は値段が高い!!

​と決めつけず、どうして高いのか、それ相応の治療なのかなど一緒に最善を考えていきましょう。

まずはご自身で選択肢から決定する為の4つのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

​健康

健康には歯の噛み合わせが影響します。ご自身の歯であったとしても、肩こり・頭痛に影響することもあります。

また噛み合わせがいいと食べ物を嚙み砕く能力も上がるため、正常な消化・吸収が可能になるため全身の疾患の予防にもなります。

そのため詰め物・被せ物を入れる場合は、ご自身の骨格・噛み合わせ・体質などを考慮したものを選びます。

​美しさ

人と話をしている時や笑った時などの口元は、老若男女問わず第一印象に大きく関わりますし、案外目がいってしまうものです。

素材の種類や色の適合・自然な透明感など選ぶ時のポイントとなります。

​耐久性

治療法や素材の違いで耐久性に大きな違いがあります。

せっかく治療し健康に向かっているので、それが持続することも重要視すべき点です。

​安全性

長い間お口の中に存在し私たちが「食べる」ために使用するので、詰め物・被せ物・義歯などに使用する素材によっては素材が溶解し、歯茎への影響のみならず全身に影響する事があります。特に現在では色々な種類のアレルギーがあります。なのでお薬以上に安全性を考えましょう。

いかがでしたか?

私たち第一デンタルクリニックのスタッフはみなさんに「噛める」以上に「健康」や「心からの笑顔」で治療が終了できる様、納得したうえでの最善の治療を行って参ります。ぜひお気軽にご相談ください。

最新情報

2019/10/30(Wed.)

みなさま、こんにちは☀️

やっと秋晴れといった感じになりましたね。

今年は暖冬になりそうという予想が出ていますが、確かにもう直ぐ11月だというのに20度越えるというのは不思議ですよね。

さて、11月から

「口腔ガン撲滅運動(レッド&ホワイトリボン)」が始まります。

堀ちえみさんの口腔ガンのニュースで少しずつ口腔ガンについて意識され始めましたね。

当クリニックでは定期的なメインテナンスの患者さんは必ず歯と歯ぐき以外にも粘膜全体を確認し、疑いがある場合には大学病院への紹介状をお出ししています。

ご自身でも口の中を見る癖をつけてみるといいかもしれません。小さな変化に気づいたら受診しましょう☺️

​では、また次回まで。

診療時間

              月   火   水   木   金   土   日                     
午前 10:00~12:30  ○ ○ ○ × × ○ ×
午後 14:00~19:00  ○ ○ ○ × × △ ×

 

・△土曜は17:00まで   

・現在金曜日はスタッフ全員で本院の治療にあたって

 おります。​金曜日ご希望の方はご相談ください。

・当クリニックは予約制です。

​←本院

 医療法人 玄清会 第一歯科医院

 のホームページはこちらをクリック

© 2023 by PURE.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。